冬の連なる雪山からの、昇る朝日はとても美しく感動的な風景です。

雪原は、普段の風景を全て隠してしまう真っ白な世界

日常の生活を離れて、自分を見直す

いつも忙しく、生活に追われる毎日、大都会では、朝起きて身支度をして朝食をとって
通勤の人ごみの中に埋もれてゆく。
会社や家庭では、毎日毎日同じことの繰り返し、そんな中で私たちは生活をしているのです。
自分のやりたいことを、情熱をもって意欲的に暮らしている人は何人いますか?
みんな、生きてゆく為に仕方なく生活しているのではないのでしょうか?

こんな生活から、脱皮して自分の意思を貫き生きてゆきたい。皆さんそう思っているのではないでしょうか。

さあ今でも遅くないのです、自分に問いかける時間を、冬の寒い雪の中で雪たちが作り出した、景色に埋もれ自分を見つめ直してみてはいかがですか。
白い雪景色の中には、頭を真っ白にして、真っ白な世界に溶け込んで自分を見つめ直すことができるのです。
何をしたいのか、それをするためには何をしたら良いのか、答えを出す必要はありません。
きっかけを作るのです。
それが次へのステップなのです。

白い世界は、大切な人との大切な時間

白色この色は、無垢の色。
どこを見ても真っ白世界で大切な人と、これからの人生を語りあってみましょう。

恋人同士で、ご家族で、また、友人と真っ白なキャンパスの中で、これからの人生計画を語り合うのもいいものです。

恋人とは、お互いの将来の進め方、どんな恋愛をしたいのかその先に何があるのかをお互いの夢を語り、白いキャンパスに書いてみましょう。結婚観、恋愛観お互いに正直に語り合いお互いの思いを二人で共鳴しあうことが、これからの二人にとって大切な時間になるのではないでしょうか。

ご家族では、お子様も含めて家族の夢、目標を白い雪の世界に描いてみると、子供が何を考えているのか、奥様が何に悩んでいるのか、また、自分の描いている家庭像を家族で話合い真白なキャンパスに大きな世界を描いてください。

ご友人とは、思いっきり自分の思いを語り、友人の思いも聞き入れ親友としての大切な関係を築いてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る